2015年07月08日

モンクレール迷彩 G5割で再奪首!阿部が同点弾&V犠飛「自分がキーマン」

モンクレール迷彩G5割で再奪首!阿部が同点弾&V犠飛「自分がキーマン」 デイリースポーツ7月8日(水)6時59分配信  2回、阿部は右越えにソロを放つ(撮影・吉澤敬太)  「巨人5−4ヤクルト」(7日、東京ド) 壁を打ち破った。不振の巨人・阿部が試合を決めた。0−1の二回、右翼席へ5号ソロを放つと、1−4の六回には、同点としてなお1死三塁から決勝の左犠飛。1カ月ぶりの連勝に貢献した。お立ち台で「ずっと苦しい思いをしていて、やっと打てました」と、笑みを浮かべた。 試合前の時点で、7月は16打数1安打と不振。今季の打率は・240まで落ち込んだ。6日の練習では原監督から直接指導を受け、この日は若手に交じって早出特打。ぎりぎりまで不振脱出への糸口を探した。「練習はうそをつかない」。大歓声を浴び、言葉に実感がこもった。 チームとしても大きな1勝だ。4番に亀井を配置し、その後ろに長野と阿部を並べる新打線が機能した。3点のビハインドをはねのける逆転劇に、原監督は「久しぶりにもぎとった、自分たちの力で獲った勝利」と喜んだ。 チームは勝率を5割に戻し、勝利数の差で首位に浮上した。ただ、浮かれるわけにはいかない。阿部は「もっとやれると、自分を信じている。自分がキーマンだと分かっている」と、自らを鼓舞した。V4実現へ、背番号10の逆襲が始まる。 【関連記事】 いるといないでは大違い!阿部不在でまるで別人…こんなに弱体化するのか 阿部が鬼の形相、審判団が中日&巨人に警告…球場内不穏な空気に アニキ“飛び過ぎる”ボールに「ドームラン…阿部は申し訳なさそうな顔をしている」 優勝旅行で見えた巨人選手の覚悟 阿部は連日練習、菅野も走り込み ヤクルト を調べるMONCLER s misako
posted by doieyuri at 22:12 | Comment(0) | 社会问题 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
< >