2015年01月31日

阪神・和田監督、キャンプでは「若手の台頭が重要課題」

阪神・和田監督、キャンプでは「若手の台頭が重要課題」 

  昨年の日本シリーズ敗退の雪辱へ−。阪神の和田監督が31日、全体ミーティングで「勝利への執念、さらなる向上心、一致団結」の3点を掲げ、監督として迎える4度目のキャンプへ熱意を示した。

  2年連続のリーグ2位だった昨季から戦力の大きな上積みがないだけに「このキャンプではチームの底上げ、若手の台頭が重要課題」と力を込め「ほぼ同じメンバーで戦う中で、個々のレベルアップが必要不可欠」と語気を強めた。

  今季は球団創設80周年でもある。「新人もベテランもない。ユニホームを脱ぐまで、進化し続ける、進化する努力をするのが選手の務め」という言葉に決意がにじんだ。(共同)

 キャンプ日程へ

posted by doieyuri at 19:46 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
< >