2015年01月31日

牧田、伝説再現予告 300球投げ込み「へばってからゾーンへ」

政経ch ビューティーイチ

 西武の牧田が所沢市の西武第2球場で自主トレを公開し、春季キャンプでの300球投げ込み再現を予告した。

 「一度へばってから“ゾーン”に入る。軽く投げているの ダイエット にボールが走る感覚を取り戻したい」。新人だった11年春季キャンプで、野上と行った300球のブルペン投球は「伝説」となっている。昨季2年連続の8勝(9敗)にとどまった悔しさから、再挑戦を明言した。

モリ速報
posted by doieyuri at 12:36 | Comment(0) | 社会问题 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マオリ・クーパーHC、“黒衣軍”超えた61点に大満足!

政経ch スポーツ先生

 リポビタンDチャレンジカップ(1日、日本21−61マオリ・オールブラックス、ノエスタ)マオリにとっては、“兄貴分”でもあるオールブラックスが、昨秋の日本戦で奪った54得点を上回る大勝に、コリン・クーパーHCは「われわれには、 スポーツニュースと用品 きょうの速い展開の試合が合っていた」と大満足。密集に入る人数を減らし、ライン防御を固めて日本の連続攻撃を封印。逆襲からトライを奪うNZ流のお手本のような戦い方で日本を圧倒した。

試合結果へ

代表日程へ

モリ速報
posted by doieyuri at 12:15 | Comment(0) | 社会问题 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今明かされるソフトB日本一の裏側(下)結束生んだ「贈る言葉」

政経ch スポーツニュース速報

 阪神との日本シリーズを控えた10月22日。チームは福岡市内の焼き肉店で決起集会を開いていた。ただ、シーズン前に行われる球団フロントも加わっての本格的なものではない。監督、選手、スタッフら「内輪」で開いたささやかな宴だった。

 ビールの空き瓶が増える、増える。心地よい酔いが、秋山監督への見えない「壁」を低くした。いわゆる無礼講だ。最初はためらっていた周囲の選手は一人、また一人とビール瓶を傾ける。男はひたすら杯を受け続けた。日本一を決める舞台へ進出した喜び。あとひとヤマ越えれば6年の重責から解放される。複雑な感情の交錯が、これまで選手たちに見せなかった「激情家」の顔を見せる。

 「日本シリーズはアピールの場だと思って、伸び伸びとやってほしい。勝ち負けの責任は俺が取る!」

 感動的な締めのあいさつは涙により、そこにいた全員の魂を揺さぶるだけの力があった。号泣だ。誰もが驚きを隠せない。内川は「最初は(移籍4年目の)俺なんか、泣いちゃいけないんじゃないか」と考えた。だが、見渡せば同じ移籍組だった細川、五十嵐が、もらい泣きしていた。「泣いていいんだ」と思った瞬間、背番号1の後継者は両目からとめどない涙を流していた。スポーツ先生 />
 喜怒哀楽は見せない。それは相手ベンチに「不動心」である姿を見せること、チームへも毅然(きぜん)とした指揮官でいたかったからだ。ただ、それは裏を返せば「口下手」に見える。大量の酒はその仮面もはぎ取る。内川には「小さいことでくよくよするな。俺は内川聖一だと堂々と野球をしろ」。松田には「おまえに言うことは何もない。そのまま、やってくれ」。それぞれへの「贈る言葉」は岩より固い結束を生んだ。「監督をもう一度、胴上げする」とその場にいた全員が、心に刻んだ。

 あの騒動が始まった日から17日目の10・30。日本シリーズ第5戦を制し、ヤフオクドームで10度、舞った。最後は涙はない。最高の笑顔だった。

 それから約1カ月半がたった。ちょうどチーム便がハワイに到着した12月9日、千晶夫人は神経膠芽腫(こうがしゅ)のために天国へ旅立った。55歳だった。「今は“感謝”と“ありがとう”の言葉で妻を送りたい」。そう、語っていた指揮官は葬儀を終えるとチームと入れ替わるように遺骨とともにハワイへ飛んだ。そこには、千晶さんの大好きだった海がある。連れて来られなかった優勝旅行だった。一人の夫に戻った男は、青い海へ骨をまいた。「ありがとう」の思いとともに。=終わり=

モリ速報
posted by doieyuri at 11:37 | Comment(0) | 社会问题 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
< >