2015年01月31日

S・ウィリアムズ6度目V 全豪テニス

S・ウィリアムズ6度目V 全豪テニス
 

 <テニス:全豪オープン>◇第13日◇31日◇メルボルン

  女子シングルス決勝で第1シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)が6−3、7−6で第2シードのマリア・シャラポワ(ロシア)に快勝し、5年ぶり6度目の優勝を果たした。

  33歳のS・ウィリアムズは4大大会19勝目で、1968年のオープン化以降では22勝のシュテフィ・グラフ(ドイツ)に次ぐ単独2位。昨年31歳で制した李娜(中国)を抜き、オープン化以降の全豪で最年長女王となった。優勝賞金は310万豪ドル(約2億8000万円)。

  S・ウィリアムズは力強いショットと強烈なサーブで優位に立った。危なげなく第1セットを奪うと第2セットはタイブレークの末に振り切った。

  男子ダブルス決勝はシモーネ・ボレリ、ファビオ・フォニーニ組(イタリア)が優勝した。

posted by doieyuri at 23:19 | Comment(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

阪神・和田監督、キャンプでは「若手の台頭が重要課題」

阪神・和田監督、キャンプでは「若手の台頭が重要課題」 

  昨年の日本シリーズ敗退の雪辱へ−。阪神の和田監督が31日、全体ミーティングで「勝利への執念、さらなる向上心、一致団結」の3点を掲げ、監督として迎える4度目のキャンプへ熱意を示した。

  2年連続のリーグ2位だった昨季から戦力の大きな上積みがないだけに「このキャンプではチームの底上げ、若手の台頭が重要課題」と力を込め「ほぼ同じメンバーで戦う中で、個々のレベルアップが必要不可欠」と語気を強めた。

  今季は球団創設80周年でもある。「新人もベテランもない。ユニホームを脱ぐまで、進化し続ける、進化する努力をするのが選手の務め」という言葉に決意がにじんだ。(共同)

 キャンプ日程へ

posted by doieyuri at 19:46 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豪州が無失点の韓国から先制! 前半終わって1点リード

豪州が無失点の韓国から先制! 前半終わって1点リード 

  サッカーアジア杯決勝(31日、韓国−豪州、シドニー)初優勝を目指す豪州は、前半のロスタイムにMFマッシモ・ルオンゴ(25)が先制点を挙げ、1点をリードして前半を終えた。ここまでの全5試合で無失点だった韓国は大会初失点となった。

  試合は序盤から白熱。中盤で激しくプレッシャーをかけあい、体をぶつけあう厳しい試合となった。韓国はMFソン・フンミン、MFパク・チュホら技術のある中盤の選手を中心にスピーディーなサッカーを展開。対する豪州は、前線のFWティム・ケイヒルにタテにボールを入れるダイレクトな攻撃でゴールに迫った。

  豪州は前半24分、GKからの素早いリスタートからカウンター。ダイレクトにボールをつなぎ、右サイドに展開。MFクルーズが入れたボールをケーヒルがうまく収めると反転してシュート。惜しくもキーパー正面だったが、ゴールに迫る。韓国は前半終了間際にチャンス。37分、左サイドのクロスからソン・フンミンが左足ボレーでゴール左上隅を狙ったが、惜しくも枠を捉えきれず。38分にも右サイドを突破したチャ・ドゥリのマイナス気味のクロスに右足で合わせたが、シュートはクロスバーの上だった。

  このまま前半終了かと思われたロスタイムに、左から出たボールを右サイドで受けたルオンゴが巧みなターンでマークを外し、そのままフリーでドリブル。右足で放ったミドルシュートはゴール右下隅に吸い込まれ豪州が先制した。今大会5試合全てで無失点だった、韓国からゴールを挙げ、豪州が1点リードで前半を終えた。

 勝ち上がりへ

 歴代優勝国へ

posted by doieyuri at 19:17 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
< >